31歳のキャンパスライフ

31歳、独身、実家暮らし、通信学生社会人の日常日記です。

ワクワクさんとゴロリが終わって、3年か…

こんばんは。さきこです。

「つくってあそぼ」の最終回を、そういえば一人暮らしの家で見たなあと写真を振り返ってみたらありました。以外にあっさり終わったんだよなあ。わざわざ休みの日に早起きしたのに。

と言っても7時半か。今朝は特に予定もないのに5時に起きていました。老人化が進んでおります。

 

f:id:vegetaboo:20161214001253j:plain

 

そんな流れで、今回は「ワクワク」のお話です。

小休止の回です。書き方も省エネです。

テーマは「ポジティブシンキングについて」。

 

最近の考え方のトレンドって「ポジティブ」だと思うのです。

ちょっと前に松岡修造さんのアツいカレンダーが流行ったり、今違った方向で話題になっちゃってるけどノンスタ井上さんがテレビで引っ張りだこだったり。

本屋さんの自己啓発やビジネス系の棚では、如何にマインドをプラスの方向に持っていくかについての本が多く並んでいる印象があります。

悪い方に考えるのではなく、良い方向になるイメージをする、そうする事で現実がうまく回り始める。…そう言われても、何となく理屈はわかるけど予防線は張っときたいなあ、と思っちゃうのが人間、というか、私でした。

失敗したら、こうしよう。うまくいかなかったら、ああしよう。

でも、もし最悪の結果になったらどうしよう。

予防線はマイナス方向の感情、ハンパないです。

 

そんな折、転職活動も具体的になってきて、さあ企業を調べようかというターンでも、不安というか面倒臭いなあ、という局面が出てきて。

だって条件で絞りすぎると、本当は自分に向いてるかも!っていう会社を見落としそうだし、かと言って広げすぎると情報の海で溺れるし。

そんなような事を、マインド面で信頼している方に相談した時の事でした。

 

「うん、考えすぎだね!」

 

一蹴。そして返す言葉が見つからない私。

 

「例えば化石を発掘しているとして、目の前の大地には絶対何かしら化石があるのに、さきちゃんはそれを上から見て、どうしよう…ってずっと悩んでる状態だよ」

 

なる、ほど…。

 

「とりあえず行動してみたらいいんだよ、失敗したったいいんだし。少しでも掘ってごらんよ、びっくりする程ざくざく出るよ、きっと」

 

……。

 

「そもそも“どうしよう”って不安になる事?どうしよう!こんなに素敵な事があって選べない!ってくらい可能性がある事なんじゃないの?“どうしよう”を楽しんだらいいのに」

 

“どうしよう”を楽しむ…!

この時、私はポジティブシンキングのやり方を間違えていたんじゃないか、と思いました。

今まで私は、ざっくりこうなりたいな~というポジティブな未来図を妄想していました。そうする事で実際になんか楽しい気分になったりするし、それがポジティブシンキングだと思っていました。

けど、これってただの現実逃避だ…!

いや、必要な時はありますよ、妄想!

けど、もっと具体的なポジティブシンキングは、今やっている事に対してちゃんとワクワクすることなのかな、と。

ちょっと違うか、ワクワクする未来の為の努力もワクワクしちゃう事、かな。

そう考えると失敗しても、思った結果じゃなくても、まずはワクワクして、そして結果もついてきたらさらにワクワクしちゃってヤバい、楽しい!みたいになれそう。

ぷぷぷ、同様の、ワクワクさんの魔法です。

あれ、なんかちょっとこのブログ変な方向に向かってる…?

まあ、いいか、それもそれで、ぷぷぷぷぷ。

 

次回は職務経歴書の書き方、メモします。

 

≪余談≫

明日は今年最後の満月ですねえ、晴れるかなー。