読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャスサー女子のジョブさがし。

30歳、独身、実家暮らし、無職の就職活動日記です。

ハローさん、最後の日

こんばんは、さきこです。
天気はいいのに寒い日が続いていますね。穏やかな陽の光に騙されて凍える時もしばしば。
早く春にならないかなあ。

さて、今回は就職先が決まったよー!とハローさんに報告に行った日のお話です。
10月末から早3ヶ月、お世話になったハローさんとお別れの日、いつもより多く時間を貰っていろんな話をしました。(たまたまハローさんに次の予約が入ってなかっただけなんですけどね)
前回書いた、私なりの新しい仕事に対する思いとか、これからの日本の事とか。
ハローさんは、「就職活動」を通じてたくさんの方と接するお仕事をしています。その中にはいろいろな問題や不安を抱えた方もいて、ハローさんはその方々が働きやすい社会とは何か、というのを常日頃から考えてらっしゃる。
私もスタートラインに立ったところではあるけれど、多様な状態の人が少しでも多く、生きやすい社会になればいいなあ、とか考えています。なので、ハローさんは私の考える方向の先にいるように勝手に感じています。ハローさんとのお話はとても良い刺激があるし、楽しいものでした。本当に素敵な方だったなあ。

最後の日、ハローさんに貰った言葉は以下の2つ。

・わからなくなったら見える化すること
・事実はひとつ、考え方や捉え方は多様。だったらプラスの考え方、捉え方がいいと思う

そして、3ヶ月の面談の中でひたすら言われた事。

・余裕を持つこと

この3つをこの先、心の片隅に置いておきたい。

今、いろいろな事が変わっていく予感があって。やりたい事や知りたい事がたくさんある中、世間一般からみた30代に必要な事が欠けていることに焦ったり、今まで大切にしてきた事を今まで通りに大事にできない不甲斐なさを感じたり、何だかとてもぐちゃぐちゃです。
負の気持ちから闇雲に動いてしまいそうになる(ってか半歩くらい進んで、違う違う!と戻ってきている)。
仕事が始まったら変わるかな、わからないけど。ハローさんがくれた言葉を胸に、思うように進んでみようと思います。
特に「余裕を持つこと」、つまりは自分を大切にすることは忘れがちなので気を付けていきたい!

《余談》
今さら腹巻きデビューしました。寝るときに巻くと、起きたとき身体が冷えきっていることがなくなりました。お腹あっためるの、大事なんだなー。