読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャスサー女子のジョブさがし。

30歳、独身、実家暮らし、無職の就職活動日記です。

質と、量と、自分と。

こんばんは、さきこです。
エントリーやら履歴書やら面接準備やらで追われています。
嬉しい、けど、眠い。
 
さて、今回は気になる企業の説明会に行った時のお話です。
企業の概要は以下の通り。
 
≪企業概要≫
業種:教育・研究業(https://www.horei.co.jp/bg/2015_9bg.pdf参考)
事業ビジョン:自然と人間社会が共存する街づくり、国づくり
募集職種:研究職員、自社事業運営スタッフ
勤務地:都内西寄り
 
1度説明会を受けただけの情報なので正確でないかもしれません。
私が受け取った情報、とご理解ください。
 
結果から言うと、私はものすごく興味を惹かれました。
「緑がある」と「自然がある」の違いとか、トレンドとして扱われる「エコ」への危惧とか、今まで私が接してこなく、けど漠然と興味はあった分野を、一見温厚そうなおじさんがアツく語る感じ、ほんと好きって思いました。単純です。
台風の後の土砂崩れ災害で考えられるメカニズムの説明や、「エコ」を謳った自然エネルギー利用の為の施設に使われる枯渇が危ぶまれる素材の利用とか、為になるお話が多かったです。
また、業務内容で地方団体や行政への、プレゼン、資料作成などがあり、今までのスキルも役に立ちそうかな、とも思いました。
説明会終了直後は何とも言えない高揚感に包まれ、はるばる来てよかった!と思える時間でした。
 
けれど、結局、私はこの会社にはエントリーしないことにしました。
理由は、遠いから、です。
毎日の通勤に片道1時間半は現実的でない。一人暮らしも、今の段階では考えられない領域でした。
この時、私の中にやりがいとか将来のビジョンとかよりも重要な指針がある事に気付きました。
それは、「今の生活圏から通勤時間が片道1時間(出来ればもっと短い)圏内であること」。
 
この説明会に行くまで、そういったマストで必要な条件への実感がありませんでした。
転職ネットサーフィンをしている時も、「通勤時間」で切ることはなく、「できる事+やりたい事要素」で探していました。
都内も全然あり!渋谷も新宿も電車一本で出られるもーん、くらいで思っていたけど、実際、現実的に想像してみるとやりたくないなあ、と。
 
きっとこのマスト条件は人それぞれだと思います。良く言われる給与面ですが、私の場合は、実家暮らしなのと物欲があまりないのとで、一人暮らしをしなければマスト条件ではないようでした。
もちろん安い給料でも全然OK!って訳じゃないです。欲しいです、お金。でも、ベターくらいかな、と。給与面を上回る魅力が何かあれば、多分受けると思います。
 
と、なるとより明確に行きたい会社が見えてくるようになります。情報の海は本当に広いので、フィルターを変えてあげるとガラリと世界を変えます。
いくつか興味もあるし、通えそうだし、という会社が出てきました。
で、エントリーして冒頭の寝不足に戻るのです。
 
今エントリーしている会社のどこかに私は入ると思います。てか、入りたいとこがあります。
けど、そこを見つけられたのは、説明会に行ったけどエントリーしなかった会社の影響でした。
何がきっかけになるかはわからない。だからやっぱり出会っていかなきゃなのかな、と。
面倒だし疲れるけど、それは楽しい嬉しいに繋がる近道なようです。
質も大事、量も大事、けど自分が一番大事。
とかポエマーな事を言っちゃうくらいの深夜になっちゃったよ、あーあ、というお話でした。
 
≪余談≫
3日連続で遊んだら身体がボロボロですごいのですが。こんなん社会人だった頃、仕事しながらやってたんかー、すごいなー。寒暖の差が妙ですし、忘年会シーズンですし、みなさんも、お身体お気を付けてくださいね〜。