31歳のキャンパスライフ

31歳、独身、実家暮らし、通信学生社会人の日常日記です。

それでも、それでも、それでも

コミュニケーションの最小単位は、個対個だと思う。

会話のキャッチボール、とよく言うけど、ボールを使ったキャッチボールも個対個だ。
どんな場所でするのか、ボールの種類はどうか、相手との距離はどうか、違いはあるが、個対個、というのは変わらない。

わたしは、大人になって気付いた時にはボールになっていたように思う。
人から人へ飛び移る。時には人と人を繋げたりする。
それは別に悪いことではなくて、むしろ糸井重里は「もういっそ、あなたがボールになりなさい」と言うくらいだから、いいことの部類に入るのかも知れない。

それでも、やっぱり、投げる側でいたい。受け取る側でいたい。そんな風に思えたのは、ほんとうにここ1、2年のこと。
出逢う人、出逢う人、みんな楽しそうにキャッチボールをしていたから。
楽しそうな人たちに、少しでも触れられるボールは、そこそこ気持ちがいい。
だけど、そこそこ、なんです。
思いっきりボールを投げてみたいなあ、とね。

けど、いざ投げようとした時に、投げるわたしがどこにいるのかわからなくなっていた。
行って帰る、場所を忘れてしまった。
(まるで何かの歌詞のよう)

なんで忘れたかったのか。
自分が嫌いだったから。

なんで嫌いだったのか。
太っているから。ワガママだから。面倒臭がりだから。努力しないから。プライドが高いから。口だけで行動が伴わないから。格好悪いから。明るくないから。真面目すぎるから。すぐに親に当たるから。摂食障害だから。情緒不安定だから。自分を好きになろうとしないから。

振り返れば自分自身を見たくない理由はたくさんあって、そりゃ忘れたくもなるわな、と思う。まあ、そんな理由、自分が勝手に作ったものですけどね。

これではダメだ。
「帰ってくる」練習をしよう、と、「行って」ばかりじゃダメだろう、と。

なんでダメだと思えたか。
ちゃんと人と向き合いたいって本当に思い始めたから。

なんで、今更ちゃんと向き合いたいのか。
仕事で子どもたちと接して、ボールとしてじゃなくて、相手として彼らとキャッチボールをしたい、と思ったから。

なんでか。










いや、それは、もう、
楽しいから、でしょう。






その方が楽しいから。
ボールとなんて会話してくれないし、キャッチできた時の嬉しそうな顔もしっかり見えないし。
何より一緒にやってる感、ボールじゃ感じられないもん。やられてる感だけあってもこっちがつまらない。

一人一人ときちんとキャッチボールするのは、そこそこ疲れる。
特にわたしの場合はコミュニケーションの方法が効率的でないので余計に疲れる。(この辺りはまた今度書きます)

それでも、楽しい方がいいなあ。
この間、「カンナさん」でも言っていたけど、「楽より、楽しい」。その方がいい。

そんな事を思っていた矢先に、こんな言葉に出逢いました。

『透明なあなた

どうしてもあなたのことがわからない。
すぐそばにいながら、あなたがとても遠い。

あなたはぼくではない。
それでも、まず自分自身を
よりどころにしなければ
あなたとの関係は始まらない。

だから、ぼくをあなたへ差し出す。

ぼくはあなたではない。
それでも、あなたもまた
あなた自身をぼくに差し出している。

差し出されるそれらが
交わるところで関係が始まる。

ぼくはすでに透明なあなたであった。』

f:id:vegetaboo:20170823233222j:plain


この記事のタイトルにも使わせていただいた「それでも、それでも、それでも(齋藤陽道)」の最初のセンテンス。
誰かとの関係を始めたいから、内へと向かう。
30過ぎて今更だけど、今更から、今更ながら始めようと思います。




齋藤陽道
「それでも、それでも、それでも(ナナロク社)」

行ったり来たりを繰り返そう。

こんばんは、さきこです。
最近、素敵な方々と知り合える機会が多くって、有難い事なのですがアウトプットする場所があまりなく消化不良気味になっておりました。
なので、このブログでちょっとずつ整理して腑に落としていきたいと思ってます。
お暇な方は是非、お付き合いくださいな。

先日、O! MORO LIFEの繋がりで横浜市中区視覚障害者福祉会のバスハイキングに参加させていただきました。

f:id:vegetaboo:20170821235103j:plain

(おしゃべりに夢中で写真がこれしかなかった。お昼に食べたほうとうとお土産のぶどう)

一緒にぶどう園でぶどう狩りをしたり、お土産物屋さんで何を買うか悩んだり、ワイナリーで試飲をして、お土産物屋さんでソフトクリームも食べました。
視覚障害の方の歩行介助は初めてでしたが、必要な時は向こうから積極的にアピールしてくださり、躊躇なく一緒に歩けました。
みなさん、元気いっぱいで、声にハリがあって、お話もたくさんしてくれて、すごく楽しい時間でした。

お土産を選びながらお話ししている時、「介助疲れない?大丈夫?」と聞かれました。その時は本当に感じてなかったので「全然大丈夫ですよ〜」と答えました。
けれど、帰ってきたら単純にはしゃぎすぎたのもあるけど、いつもと違う神経を使っていたのかそれなりの疲れがありました。
ただ、嫌な疲れではなくて、気持ちいい疲れでした。

で、その時思ったんです。
きっと、相手の方も疲れたろうな、と。
初介助で初対面の人に連れられて慣れない場所を歩く。しかも、なんかいろいろ聞いてくるし(お話が面白くてめっちゃ質問してた)。
話疲れたろうなあ、気疲れもしたろうなあ。
けど、その人にとっても、気持ちいい疲れであったらいいな。

人と人が関わると、多かれ少なかれストレスはあるし、疲れはある。
「長い付き合いの人」と「初めましての人」だったら後者の人と過ごす方が疲れるもんだと思う。
けど、何かいい刺激があるのも後者だったりするんだ。

長く生きるほど、自分の場所みたいなものが出来る。
安心できる場所、頑張る場所、冒険する場所、守らなきゃいけない場所。
けど、まだまだ知らない場所もいっぱいあるよね。
そこに、今足りないなって思ってるものがある可能性は比較的高いのではないか。

違う場所に足を運ぶのは勇気がいる。さらに「障害」と呼ばれるものが関わると、また違う、なんだか面倒くさい手続きとか、ご大層な資格とか必要そうに思えちゃう。
けど、実際はそんなもんない。
友だちになるのに、そんなん必要ない。

普段関わらない類の人と関わるのは、前例がある人に比べたら疲労感は大きいのかもしれない。けどその分、刺激も多い。
だから、わたしはそこに魅力を感じるのかもしれないなあ。もっといろんな場所を行ったり来たりしたいなあ、と思った1日でした。

そして、わたしは「行ったり」は得意だけれど、「来たり(帰ってくる)」が苦手なんだな、その辺りをスムーズにできたらいいよな、とも気付けました。
「来たり」の苦手さについては、次回もう少し考えてみたいと思います。

31歳、学生になりました。

この春から、通信制大学に通う事になりました。

理由をあげればいろいろと出てくるけれど、一言でいえば勢いです。

今まで多くの局面で勢いで決断してきました。今回もそんな感じです。

けど、大学からちょっと笑えない量の教科書が送られてきた時は言葉を失いました。

正直、もう諦めたい…

けど、そう安くない費用も払っているし、

会社側に夏のスクーリング許可も貰ってしまったし、

やらざる負えないのです。

こんなブログを書いている暇があるなら勉強しろよ、なのですが、

こうして宣言することで自分に発破をかける、というか、

それと同時に息抜きというか、社会との接点を持つというか。

 

何はともあれ、再びブログ始めます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

さきこ

言葉を紡いで

こんにちは、さきこです。
今回で最終回。計らずも40回目の投稿とキリの良い数字になりました。
最終回はここまでちゃんと続けてきたご褒美として、自己満回でお送りします。

私は中学生くらいの時から、紙にその時の気持ちを書き留める趣味があります。
ポエミーな感じ。多かれ少なかれ誰もが通る道なのかも知れません。
ただ、私は30歳になった今でも続けています。意図的に、というか、なんか自然と。所謂こじらせ系女子なのでしょうか。わからんけど。
書き留めた言葉を読み返すと、当時起こった事とかその時の考え方とかが克明に見えてとても面白い。
「頑張らなきゃ」感がめっちゃ出てたり、「愛されたい」とか「でも、どうせわかってくれない」とか、すごーい悶々としている時代があったりする。
わかった風な言葉が並ぶ時もあって、なんか、可愛いなあ、愛おしいなあ、と当時の自分を愛でております。
きっと、また何年か後に見返したら、今の自分をそういう目線で見るのでしょう。私にとっての成長ってそういう事なのかもしれません。

移り変わる言葉の中で、変わらずに何度も出てくるフレーズがあります。
それが、「言葉を紡いで」です。
「言葉を紡いで」の後に続く言葉は時々によって変わります。
誰かと繋がりたい、ただ記録したい、いつかの自分を救いたい、いろいろです。
けれど、どんなものであれ、今まで私が紡いできた言葉は私の中だけで完結するものでした。

今回、初めて「転職活動」を通して自分の外側に言葉を紡いでみました。これは私にとってはとても大きなチャレンジでした。
最初はとても緊張したし怖かったです。投稿前に何度も読み返しました。PV数や星の数、読者の数の変動に敏感にもなりました。
けれど、今、最後を迎えて感じるのは「内側も外側もたいして変わらない」ということ。
というか、内も外も意識しているのは自分だけで他の人にとってはどーでも良いことなんじゃないかなってこと。
そう思えるようになったのは、きっと自分の中にちゃんと軸ができたからです。薄ぼんやりとしていたものが、この1年を通して、そしてこの転職活動を通して一応の形として成り立ったのだと思います。
この先、私はこうやって生きていくぞ、そういう、一応の、一旦の軸。この軸があるから内も外も関係なく、大丈夫だって思える。
傷付いたり、かなしくなったり、苛立ったりもします。けど、そこに溺れることはなくなりました。まだ溺れそうにはなるけど、溺れかけた時、助けてくれる人の手をちゃんと握れるようになったし、力を抜いて自然の浮力を使う方法もできるようになってきました。

言葉を紡いで。
今だったら、なんて繋げるだろうか、とこの記事を書こうと思ってからずっと考えていました。
今の私は、こう書きます。

やさしい、やわらかい、あたたかい
そんな言葉を、紡ぎたい

最後の最後に超絶抽象的な投稿、失礼しました。
右往左往しながら不器用に生きる私を「それでいいよ」と見守ってくれる父と母、落ち込んだりテンション高かったりアップダウンの激しい私を「おもしろい」と一緒に過ごしてくれる友達、おっかなびっくり一歩を踏み出す私に「全然大丈夫!とっても素敵!」と声を掛けてくださる人生の先輩たち、そして、推敲しまくった記事もあれば書き殴りのような記事もある不安定なこのブログを読んでくださった皆様に、伝えきれないくらいの感謝と敬愛を込めて。
最後までお付き合いくださり、本当にありがとうございました。

2017年1月27日  さきこ

《余談》
このブログ、今月で公開停止しようと思っていたのですが、第2の実家の父母に読んでもらいたく、もう暫く残させていただこうと思います。
彼らが読み終わり次第、速やかにいなくなりますので、どうぞそれまでよろしくお願いいたします。

ハローさん、最後の日

こんばんは、さきこです。
天気はいいのに寒い日が続いていますね。穏やかな陽の光に騙されて凍える時もしばしば。
早く春にならないかなあ。

さて、今回は就職先が決まったよー!とハローさんに報告に行った日のお話です。
10月末から早3ヶ月、お世話になったハローさんとお別れの日、いつもより多く時間を貰っていろんな話をしました。(たまたまハローさんに次の予約が入ってなかっただけなんですけどね)
前回書いた、私なりの新しい仕事に対する思いとか、これからの日本の事とか。
ハローさんは、「就職活動」を通じてたくさんの方と接するお仕事をしています。その中にはいろいろな問題や不安を抱えた方もいて、ハローさんはその方々が働きやすい社会とは何か、というのを常日頃から考えてらっしゃる。
私もスタートラインに立ったところではあるけれど、多様な状態の人が少しでも多く、生きやすい社会になればいいなあ、とか考えています。なので、ハローさんは私の考える方向の先にいるように勝手に感じています。ハローさんとのお話はとても良い刺激があるし、楽しいものでした。本当に素敵な方だったなあ。

最後の日、ハローさんに貰った言葉は以下の2つ。

・わからなくなったら見える化すること
・事実はひとつ、考え方や捉え方は多様。だったらプラスの考え方、捉え方がいいと思う

そして、3ヶ月の面談の中でひたすら言われた事。

・余裕を持つこと

この3つをこの先、心の片隅に置いておきたい。

今、いろいろな事が変わっていく予感があって。やりたい事や知りたい事がたくさんある中、世間一般からみた30代に必要な事が欠けていることに焦ったり、今まで大切にしてきた事を今まで通りに大事にできない不甲斐なさを感じたり、何だかとてもぐちゃぐちゃです。
負の気持ちから闇雲に動いてしまいそうになる(ってか半歩くらい進んで、違う違う!と戻ってきている)。
仕事が始まったら変わるかな、わからないけど。ハローさんがくれた言葉を胸に、思うように進んでみようと思います。
特に「余裕を持つこと」、つまりは自分を大切にすることは忘れがちなので気を付けていきたい!

《余談》
今さら腹巻きデビューしました。寝るときに巻くと、起きたとき身体が冷えきっていることがなくなりました。お腹あっためるの、大事なんだなー。

転職活動終了のお知らせ

ご無沙汰しております、こんばんは、さきこです。

今回、初めてのスマホからの更新です。ちゃんとできているだろうか…どきどき。

さて、先日、無事に就職先が決まりました!
以前こちらで書いた第一希望のところではありませんが、働けたらいいなあと思っていた会社なので嬉しく思っています。

就職先の詳細は以下の通りです。

業種:保健衛生業(社会福祉施設

職種:支援員

担当業務:発達に課題のある子どもへの療育や学習支援


今までとは全く別の業種です。
活動開始当初、こういう着地になるとは思っていなかったので面白いものだなあ、と思います。
なぜ、ここを選んだのか少しまとめてみます。

始まりは「人」に関わることがしたい、特に「生きやすさのヒントになれる仕事」がしたいなあ、でした。
3社の経験を経て、私は「働く」を通じていろいろな人と関わり、今の私を培っている考え方や行動の仕方を身に付けました。
右も左も分からない状態で、行動力だけを頼りにあっちこっちにぶつかって、たくさん傷付いて傷付けて今、割と「生きやすい」状態になっています。
で、世の中を見てみると「生きにくさ」を感じながら日々を過ごしている人がたくさんいるよなあ、と思ったのです。そして、おこがましいかもしれないけれど、その人たちが生きやすくなるお手伝いができたらなあ、と。
その思いと、働ける条件(通勤時間、労働時間、給与など)を鑑みて会社探しをしました。
その時にご縁があったのが今回の就職先です。

「発達に課題のある子ども」というのは、近年注目されるようになってきた「発達障害」と認定された子どもたちを指します。
転職活動中、このジャンルの会社に応募することに正直抵抗がありました。
何も知らないのに応募してもいいのか、ものすごく大変なんじゃないか、続けられるのか…など。自分でも葛藤したし、話した友達や家族からも言われました。
でも、面接してくれるって言うし、とりあえず話を聴いてみよう。そんな気持ちで面接を受けました。面接ではその業界の現状や会社(というか担当の方のだと思いますが)の想いを伺い、わからないことはその都度できる限りちゃんと質問しようと心がけました。自分なりの想いも、わからないなりに煮詰めて話をしてきました。

その面接の中で、発達に凸凹がある方にとって理解しやすい条件、という話がありました。
それは、以下のようなものです。

文字+絵+音で説明をする
簡潔に、丁寧に説明をする

これ、企画時代に相手に理解してもらうために気をつけるプレゼンの基本と全く同じなんです。
そのことに気付いた時、障害のあるなしに関わらず理解しやすい条件って同じなんだな、と感じました。
そして障害がある人が生きにくい今の社会って、ない人にとっても少なからずと生きにくい社会なのでは、と思ったのです。

少し話は変わりますが、今はいろんなモノが溢れていて物質的には豊かな世の中だと言われます。けれど、どこかみんな満たされなくて、その欠乏感を埋めるためのサービス(コト)に注目が集まっています。「モノ」ではなく、「コト」が売れる時代。数年前から言われている事。
では、「コト」を充実させていけば今よりも豊かな世の中になるのだろうか。私はあまりそうは思えません。
そもそも豊かな世の中ってなんだろう、というゆるゆると長く抱いていた問いに、ひとつの方向性として「今よりもっと多くの人が理解しやすい(生きやすい)社会」ってありだよなあ、と面接を通して思ったのです。

なんて、大きな事を書きましたが、現実は神奈川の小さな教室の支援員見習いです。勉強することがたくさんあります。壁にぶつかって悔しい、とか、かなしい、とか泣く日もあるだろうと思います。思っていたものと違って苦しむ日もあるかもしれません。もしかしたらまた、こういう活動をする日が来るかもしれません。
けど、まずはここから始めてみます。
「夢は大きく楽しく、行動は堅実にコツコツと」というようなことを糸井重里さんも言っていた気がするし。
少しずつ楽しみながら進んでいきたいと思います。

《余談》
今回を含めあと3回の更新でこちらのブログを完結させようと思っています。
それまでもうしばらくお付き合い頂けたらうれしいです。

いきものがかり「放牧宣言(2017)」について

こんばんは。さきこです。

あけましておめでとうございます。

みなさんは、どんな年末年始を過ごされましたか?

 

私はここ数年で一番穏やかな年末年始を過ごしました。

例年のように家族で祖父母宅に返り、大晦日に家族3人で年越しそばを食べ、紅白を見、ジャニーズでカウントダウンをして、翌朝には祖母も含め4人で初日の出を拝みました。

ゆったりとした時間の中で、祖母や両親ともポツリポツリとだけどいろいろと話もできて良かった。

お蔭で年末に何だかんだと焦っていた気持ちが緩んで、今とても良い状態です。

 

さて、タイトルの件です。

こう記載すると彼らの新しい楽曲みたいですね、「関白宣言」的な。

紅白から1週間も経たない突然の発表、と報道されていますが、個人的には自然に受け止めました。

恐らく、年末に「ほぼ日」や「SWICTインタビュー」で水野さん(いきものがかりリーダー)の対談を読んだり見たりしたからかと思います。

 

www.1101.com

www4.nhk.or.jp

 

いきものがかりを初めて知ったのは、通学中の相鉄線(神奈川のローカル線)内の中刷り広告。

あか抜けない3人組、しかも海老名出身。高校生だった私は素直に「売れなさそー」と思いました。

まあ、それが今や日経電子版でもトピックスになるようなグループですよ。海老名、大和、厚木辺りの神奈川の知名度低いチームのスターです。

ちなみに、私は当初「いきものがかり=生き物係」ではなく、「いきものがかり=生き物憑り」と脳内変換していました。神憑り、的な。

なので、神社っぽいというか、憑依系というか、なんかコアな感じの音楽なのかな、と思っていました。全然違いました。

個人的には「秋桜」という曲が好きです。どうやらインディーズ時代のものらしい。水野さん(リーダー/左側の人)のメジャーな曲も好きだけど、山下さん(髪色明るい/右側の人)のいきものがかりっぽくない曲も良いのです。

 

で、「放牧宣言」で感じたことは、継続するってこんなに自由なんだ!でした。

このブログで何回かに分けて書いた、私の目標である「継続すること」。

この目標を思った時に、いつも一生懸命でなくていい、完璧でなくても続けていくことが大事、と考えていて、実際に行動しようとしていました。

が、そうか休んだっていいのか!と。

もちろん、そこに至るまでのベース作りがあって、信頼関係があってこその「放牧」なのでしょうが、こういう判断もありなのだなあ、と心が軽くなりました。

「こうでなければならない」という考え方はいけないと、変に力んでいた部分が緩んだというか。

勝手に親近感を覚えている彼らの発表に、新年早々勇気を貰ったよ、というお話でした。

 

≪余談≫

世間の仕事始め同様、昨日より面接始め、本日よりバイト始めでした。もはや本題が余談になってしまっている…ゆるゆるとですが行動してます、転職活動。どうなるのかな。楽しみだな。

 

そして、いきものがかり余談なのですが、紅白2016のエンディング、山下さんの衣装赤いスーツでしたよね…?そしてカズレーザーっぽかったですよね、ものすごく…。Google先生で画像探してもないんだよなあ。空目だったのかなあ…気になる。