アラサー女子のジブンさがし

31歳、独身、彼氏なし、貯金そこそこ、実家暮らし女子の雑感です。暇つぶしにどーぞー

渋谷のラジオに出演してきた!〜前編〜

こんばんは、さきこです。
寒いですね。ウルトラライトダウンとかヒートテックとか、ユニクロの季節ですね。

さて、タイトルの件。
昨日、渋谷のラジオに出させてもらいました。
といっても約1時間の番組で声発したの30秒くらい。
最近お知り合いになった重光喬之さんのバーターです。社会科見学ですね。

f:id:vegetaboo:20171213214934j:plain

(真ん中が重光さん、一番左で友達の家のように寛いでいるのがわたし)

重光さんはfeeseという「難病・希少疾患当事者の生きる後押しを」を理念として活動する団体の代表です。(詳しくはこちら→https://www.facebook.com/feese.jp/
ご自身も脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)という、小学生が覚えたがる呪文のような難病の当事者です。
何らかの理由で髄液が漏れ、髄液によってバランスが保たれている脳や神経系に負担がかかり24時間常に痛みがあるのだそう。(ニュアンスはあっているはず…正解が気になる方はググって)
でも、見た目には全然わかんない。
シュッとしていて、ちょっと顔色悪いかなってくらいの、よく喋るおもしろいお兄さんです。
見た目にはわかりにくい問題、難病に限らず、精神疾患とかセクシャルマイノリティーとか発達障害にもありますね。

ラジオのテーマは「難病・希少疾患患者の働き方」でした。
見えにくい苦しさに、どう理解を得て社会で生活していくのか。適切な支援をどうやって受けていくのか。

こういう話の時、随分前に福祉業界ではない友達とした会話を思い出す。
発達障害とかって最近よく聞くけど、それって結局"障害"に甘えてるよね」

"甘え"とばっさり切るのは乱暴だけど、でも完全に間違っているわけでもないような…その場ではうまく返答できず、もやもやした気持ちを今も少し引きずっている。
引きずり続けて思い至ったもやもやの原因で、現状言語化できることが二つある。

①健常、障害、難病関係なく、今の社会はとても生き辛く、他者を配慮する余裕がない。

みんな自分が生きるのに精一杯だ。
例えばわたしが属するアラサー女子の場合、仕事をして、お金を稼いで、おしゃれして、美容ケアして、インスタ映えする高カロリーフードを食べて、モデルのようなスタイルを目指して、結婚して、子どもを産んでみんなに祝福されないといけない。
ひとつでも欠ければ「残念な人」と見られる。もういい歳なのに、と。
かなりうがった見方だけれど、あながち間違いじゃないと思うのですが、いかがでしょう。
そんなタスクフルな日常で戦っているのに、目に見えぬ困っている誰かへの配慮なんて入る余地がない。

②障害、難病でも全く何にもできないわけではなくやれる事はある。だから、当事者が障害だから、難病だから、と全て諦めるのはなんか違う。

例えば一言で「発達障害」といってもその程度は人それぞれ。
大勢の中だと逃げ出したくなるくらい音や光に過敏でコミュニケーションに支障が出るけど一対一では落ち着いて会話ができる人もいれば、コミュニケーション自体が難しい人もいる。
特性だけでなく、環境や体調によっても大きく左右される。
環境や体調が良ければ、できることも増える。
当事者の特性や状況に合わせて、そうでない人と平等にやりたいことができるように、周囲のそうでない人が当事者にあった環境作りや調整を行うことを「合理的配慮」と言う。(これもニュアンス。正確さを求める方はwebで!)

「合理的配慮」というと、ハンディキャップを持つ人の周りにいる"そうでない人"はみんな何かしらの配慮をすべきだ、という強制感を感じてしまうので、わたしはあんまりしっくりこない。
昨日まで普通に出勤していたのに急に休まれたりすると、当事者の事情は頭で理解できても、だってできるじゃん、できてたじゃん、何でわたしが負担を背負わなきゃいけないの?って思う気持ち、理解できます。この部分は①と繋がる部分があるね。
あと、やってもないのに「難しい」「できない」ってすぐ言うパターンとか。いやいや、こっちだって初めてのことは怖いしやりたくない時だってあるよ!って言いたくなるよね。そこ健常、障害関係ないから!!って。

でもね。もし良かったらなんですけど、余裕がある時だけでもいいから、少しだけ背景を考えてみて欲しいな、と。

日常のささやかな事がうまくできなくて、失敗して、馬鹿にされたり、否定されたり、叱責されたり、数え切れないくらい経験してきのかもしれないな。
どうしてこんな事も出来ないんだろうと、自分を責めて否定して、実際に頭打ちつけたりして、自分を傷付けてきたりしたのかもしれないな。
周りと比べてできていない事実を、本人が誰よりも一番感じていて、一番悔しくて、一番不甲斐ないのかもしれないな。

健常の人に比べて、多かれ少なかれハンディキャッパーは自分の思い描く通りにできないことがあるのも事実。

日々精一杯生きている"そうでない人"たちに、抵抗感なくハンディキャップがある人たちと関われる機会を作れないかなあ、とぼんやり思う。
少しの配慮があるだけで社会参加しやすくなる人は思っている以上にたくさんいる。
でも、その人達のために!!!みたいな熱量多めな感じではなくて、自然にふっとできるような事はないかな。アプローチ方法はないかな。

で、そんな時に重光さんに出会って、お話をしてちょっと閃いたことがある、んだけど長くなっちゃったのでまた明日にします。
やたらと名前が出てくる重光さんについて気になった方はfeese(https://www.facebook.com/feese.jp/)を見てみてね!
ただの重光ファンのブログっぽくなってる。笑

居心地いいところ

こんばんは、さきこです。

昨夜、バブリングバーというところに行ってきました。「思いがけず世界が深まるバー」をコンセプトに、毎週日曜日、新宿ゴールデン街で営業しています。

◯バブリングバー

ゴールデン街というのもあって、ひとりで行くには勇気がいったけど、結果的に行ってすごく良かった。

少し遠回りになりますが、12月に入ってからなんだか慌ただしくて。
大阪の講演会に夜行バスで参戦したり、10時半から14時半までぶっ通しの転職イベントに参加したり、幼稚園でのワークショップにボランティアで関わったり。その合間に友達に会ったり、定期カウンセリングに行ったり、諸々の打ち合わせをしたり、と。ニートって意外に忙しいんだなあ、と思いました。
そんなこんなで、バブリングバーに行く前日あたりから少しバランスを崩しておりました。
常に眠い、ダルい、食べ物を詰め込みたくなる。

原因は予定の入れすぎでもあるのだけれど、一概に"忙しいから"という訳ではないと感じていて。というのもこのサイクル、先月末から続いているもので、こんなに急に疲れを感じるのは何か他のストレス因子があるんじゃないかなあ、と思ったのです。
何だろうなあ?と思い返してみると、ここ数日、というかピンポイントで転職イベントの時なんだけど、"自分以上を見せようとする時間が長かった"んだと気付きました。

ニートなので、基本予定は自分で立てます。
自然と自分の居心地がいい人や場所での予定が多くなる。居心地がいいと、そのままの自分で機能ができる。自分の言葉で話ができる。
現状、そのいい状態を保てるのは、丸ごと認めてもらえる雰囲気のある人や場所にいる時です。
丸ごと認めてくれる人って、表情とか声のトーンとか仕草とか、非言語コミュニケーションまで汲み取ってくれる人が多い様に感じます。
言葉でうまく説明できなくても伝わったり、伝わらなくても理解を示そうとしてくれたり、理解できなくてもとりあえず容認はしてくれる。

そんな中で転職イベントは、「言葉」での説明を求められるし、多かれ少なかれ「ジャッジ」が入る。
その団体にとってわたしは有益か否か、わたしにとってその団体に所属するべきか否か。
丸ごとそのままではなく、メリット・デメリットを見て、比較する。
で、そういう場において、今後関わるかどうかは別として、やっぱ、なんか、認めてもらいたいって思うんですねー。
わたし、ここまで考えてます!ここまで出来ます!!みたいなそんなテンションに知らず知らずになっていました。
だから反動がどーんときたのかな、と。
承認欲求強めだなあ、と改めて。特にキラキラした集団からの。笑
ここ最近、そういった世界から遠ざかっていたのであてられちゃったのもあると思います。

さて、バブリングバーの話に戻すと、わたしにとって居心地のいい場所でした。
バブリングという団体が「大切な人へのカミングアウトを応援する」としているので、お客さんもスタッフさんも"カミングアウトしたい何か"を持っている場合が多い。
その環境下で「摂食障害なんです」と言うと、そこに至った背景とか、どういう症状なのか、とか、生活にどの程度支障が出るのか、とかぽんぽんと聞かれました。で、一通り話が落ち着くと次の話題に移る。
過度に配慮したりはしない、でも特別距離を置かれたりもしない。
その距離感が、心地よかった。
当事者としてそうされたら自分が嫌だから、そうされて嫌だったことがあるから、自然とできる配慮なのかな。

最近、そういう居心地のいい瞬間が多くて、生きやすいんだけど、反面、そうじゃない世界もあって、これはただ逃げているだけなんじゃないか?と思うことがある。
そういうようなぼんやりと感じていたことを、バブリングバーで口に出したとき、もらった言葉にすこし安心した。

「居場所探しを経て見つけた居心地のいい場所には染まらないから大丈夫」

居場所が欲しくて、分かりやすく結婚したいって思っていた時期。家庭を持てば居場所になるんじゃないかって思っていた時期。異業種交流会とか合コンとか婚活パーティーとか、欲しい未来のために、自分を変えていたところがあった。相手が求める自分であれば彼氏はできるし、もっとちゃんと頑張れば結婚も出来たんだろうと思う。
でも出来なかった。その時は出来ない自分を責めたけど、お陰で今、あの時よりももっと健康に生きる道が見えてきた気がする。

今、自分を大事にして(そうしないとすぐに摂食に出るからせざるを得ないのだけれど)自分が居心地がいいところを探して見つけた場所では、相手に合わせることはしない。自分が一番大事、でも相手も好きだし一緒に何かできたら楽しいだろうなって思うから一緒にいる。
正直、まだ不安は残る。
逃げじゃないのか、甘えじゃないのか、いつか裏切られるのではないか、偽善ではないか、言い訳ではないか。
いっぱい考える。無駄かもしれない。
でも、それも込みでわたしだ。
人生なんて無駄でいい。
どうせ無駄だなら楽しいほうがいい。

なんて事を思ったバブリングバー初体験記でした。また遊びに行きたいな。

午前3時の忘備録

おはようございます、さきこです。

昨日、幼稚園の通う子どもたちと遊ぶ機会をもらって、疲れ果てて9時過ぎに寝ちゃったらやっぱり3時くらいに目が覚めるっていう。

2週間ほど前にモニターキャンペーンで貰った本、やっと読み終わった!

f:id:vegetaboo:20171209055139j:plain

(「落ち着きがない」の正体/スチュアート-シャンカー他)

急に怒り出したり、常に走り回っていたり、逆に部屋の隅っこにじっとしていたり…そういった、「社会性のない」行動をする子どもたちにどう対処すれば良いのか?を科学的に論じています。
「自己制御」ではなく、「自己調整」がどれだけ大切で、ストレスサイクルを断ち、自分らしく生きる為に必要か。
「ああしなさい、こうしなさい、それはだめ!」ではなくて、「そうしちゃう理由を考えて、一緒に緩和していこう」という考え方。
それを経験則ではなく、脳科学から証明する。
科学の切り口から説くことで、何となく感覚でわかっちゃう人だけでなく、論理的思考過多の人も理解を示しやすいのではないかな。

文中に「間脳が親子の情動を繋ぐ」という表現があって、脳の深い部分で親もしくは養育者と子どもは影響しあっているのだそう。
これは、親が笑うと赤ちゃんも安心するものだよね〜的な話だけでなくて、ホルモン分泌がどうとかそういう生物学的な意味の話でもそうなんだって(註釈文献読んでないのでどんな実験したのかとかはっきりわかんないけど)。

で、この部分を読んだ時、思ったよね。「え、でも、これってテレパシー的なやつだよね?」と。
テレパシーってオカルト・ファンタジー寄りな概念を脳科学で証明するのか〜って。ちょっと言い過ぎかもだけと。
で、その時に思い出したのがこれ。

f:id:vegetaboo:20171209055350j:plain

科学?オカルト!?『Newton』『ムー』がまさかの同時特集!「マルチバース宇宙論」が話題/https://matome.naver.jp/m/odai/2151098678506626401

科学の進歩で、現実と想像って結構近くまできてるんじゃないかなあ、と思ってる。
だから、違和感のある論理が覆されちゃったり、それによって今まで良いとされた価値観が180度反転したりする。
昨日まで良いとされてたものが、明日からはダメってなるかもしれない。
だからこそ、自分でちゃんと判断できるといい。
良いとか悪いとかじゃなくて、好きとか嫌いでいいし、そこに理由はなくてもいいけど自信があるといい。
わたしは、どうしたいのかな。
これを成し得る!なんて大層なものでも、やりたいからやってる〜ってものでもいいよね。ダラダラしたけりゃすりゃいいし。

そして、「わたしはどうしたいのかな」って考えられる、そのベースにあるのは絶対的な安心感。

本の話に戻るけど、子どもが騒いだり走り回るのって安心できないから何とかバランスを取ろうとしてやっている行動なんだって。
現代はいろんなストレス因子がある。
過剰な音や光や「こうせねばならぬ」思想やいろいろ。常にストレス因子に晒されてHPは勝手にどんどん減っていく。
生きるか死ぬかのサバイバル状態になると動物は攻撃するか温存するかになる。
攻撃気質の人は怒ったり泣き叫んだりするし、温存気質の人は無表情になったり引きこもったりする。
子どもだけでなく、大人もそうだね。
みんな、何かしらでバランス取ろうと必死に生きてる。ストレス因子で削られた部分をカバーしないといけないから。
でも、本当は削られた部分を修復する事ができるといいよね。それが「自己調整」なんだよって本でした。

どんどん変わっていく(多様化していく)価値観の中で、「わたしはどうしたいのかな」ってみんなが考えられる環境がつくれるといいなあ。

にじいろの濁流

先週末から目まぐるしくて1日がとても早い。

なのに1週間がとても長い。
小学生みたいな時間サイクルで生きてます。
どうも、こんばんは、さきこです。

先週末のイベントで知り合った人とやたらと意気投合し、その人の活動を一緒にやっていくことになりました。完全なる巻き込み事故。笑
今週に入ってからも、以前から「こんな事したいな〜」と思っていたことを実現できそうなヒントや仕組みと出会えたり、実際にやっている人たちと出会ったり。今まで自分がやってきたことに興味を持ってくれる人が出てきたり。
次から次へと繋がりができて、情報が入ってきて、まるで濁流の中にいるみたい。

そう言えば、仕事をしている時にもこんな状態になった。
仕事を認めてもらって、そうしたら次から次へと案件が入ってきて、いろんなことを求められて、いろんな人と関わって。
あの時も濁流の中にいるみたいだった。
渦の中で沈みたくなくて頑張った。
見捨てられたくなかった。
結果、体や心がアンバランスになった。

だから、ちょっと不安でもある。
またおんなじことになるんじゃないかな…。
でも、今回は大丈夫!ってなんか変な自信がある。
まず、受け身じゃない。あと、嫌われてもいいやって思えてる。
そして、一番大きな要素は「自分も意識しながら動けている」と感じるから。
ここまでやった方がいい、というところまで無理して頑張らない。ここまではやったけどちょっと疲れちゃったから明日にしよう、って出来てる。
やる事だけじゃなくて、自分の事もちゃんとチェックできている、今は。
「仕事」となると変わっちゃうのかもしれないけど。
でも、今、ほんとうにとてもよい状態。
1日の中で、たのしいって感じることが多くなった。わくわくしている時間が長くなった。

で、そのわくわくに飲み込まれちゃうと知らぬ間にやる事過多になっちゃうのでちょっと整理した。

f:id:vegetaboo:20171129204051j:plain


関わらせて頂いている人、その人たちがやりたいこと、その人たちと関わる時の自分の立ち位置、わたしがその人たちとやりたいこと。

書き出してみると、わちゃわちゃしていたものが整理されて、すとん、と落ちる。
そうすると次にやるべき事が見えてくる。
そこに向かって動く。
そうしたら何かしらの結果が得られる。
副産物もあったりする。
その繰り返し。
そうやって、わたしがつくりたいものを少しずつ形にしていきたい。

経済的な不安はある。
けど、今はまだ甘えられる場所があるから、感謝して恩恵を受けながら自立の道を探していこうと思う。
とりあえず今日は早く寝るー。

ゆきむし

寒い時期になると飛んでいる白い虫。

あれを「ゆきむし」と呼ぶらしい。
いや、ほんとにあの虫を指しているのかわからないけど。
雪が降る前に飛ぶ虫でゆきむしというのがいて、とわたしが教えてもらったのはちょうど1年くらい前の話。
ゆきむしは専門家の間で人気がないらしい。だから、あまり研究が進んでおらず新種をすぐに見つけられる。新種の名付け親に簡単になれるのだそうだ。
街路樹で見かける赤い実をつける木が「ななかまど」という名前で、「七日間かまどで煮ても食べられるようにならないから」という名前の由来も彼女に教えてもらった。

北海道で一緒に過ごした約半年。やたら牛乳を飲んだこと、豪快な夜ごはん、街への買い出し、最後の日のこと。横浜に会いに来てくれたこと。
最近、ゆきむしを見て思い出した。
たのしかったなあ。行ってよかったなあ。
会えてよかった、ありがとう。

相変わらず情緒の緩急に飲み込まれる時がある。
突如湧き出る不安に右往左往する日もある。
どうしようもなく過食に走る日もある。
だけどその時、まだどこかで自分を客観的に見ることが出来るようになった。
身近な人が理解を示してくれる安心感があるから、もだけれど、ゆきむしみたいに日常の中で思い出す顔が増えたのも、少しずつ安定に向かえている理由なのかな、とぼんやり思う。

社会に出てから、特にここ1、2年、人間関係の幅が大きく広がった。
その場限りの人もいるし、少しの期間一緒にいて今は離れてしまっている人もいる。何だかんだゆるい付き合いがある人もいる。
熱い議論を交わしたな、とか、めっちゃ泣かせてもらったな、とか、くだらないことでお腹痛くなるくらい笑ったな、とか。
きっと、これからもっと増えていく。
そういう出会いがあると、単純にたのしい。
たのしいと、もう少しやってみたいなって思う。
そうやって時間を積み重ねられたらいい。

おはようございます、さきこです。
今日も寒いけどいい天気。
今日は逗子に行って、またあたらしい出会い。
たのしみだなあ。

自分が安心する、がベース

こんばんは、さきこです。

おとといから週3日勤務が始まりました。
休職後同じ会社に復帰するのも初であれば、短縮業務も初…ドキドキの今週ですが、今日はその前の週のお話をベースに書いてみます。

先週、会社に1日だけ終日出勤しました。
2週間振りの仕事…めっちゃ怖かったです。
なので、いろいろ配慮してもらって、自分でも様々な想定をして臨みました。
それでも思った以上に、というよりかは経験しなければ思いも至らなかったことで辛かったです。
想定していたのは以下のようなこと。

・期間が空いているため、状況理解までに時間がかかる
・その為、要領よく動けない、各業務について以前の倍の時間がかかることを覚悟しよう
・クライアントさんと微妙な距離感が出来てしまうだろう
・そこは仕方がないので、またちょっとずつ信頼関係を築いていこう

実際に働いてみると、想定はしていてもやはり苦い思いはする。けれど、想定できている分、やり過ごすことはできました。
だけど、やり過ごせないくらい1番精神的にやられたのはもっと別のことでした。

自分の負担が周りの方に顕著に表れているのを目の当たりにする。

これが1番辛かった。
でも、じゃあやります!と言えない状況。出来るかもしれないけど、その後崩れてしまっては元も子もない。それは周りも理解してくれていて、やってよ、なんて言わない。むしろ気を遣ってくれて、大丈夫ですよ!と笑顔を向けてくれる。
だけど明らかに多い業務量をこなすその隣で制限してもらったものをする、これはとても辛い状況でした。

帰ってからもやはり引きずってしまって、大丈夫って言ってくれたけど本当はそんな事思っていないんじゃないか、わたしがいない時に何を話してるんだろう、わたしは居るだけで迷惑なんじゃないか、いやでも良いって言ったし、割り切ればいいし、でもわたしだったら理解はできても絶対やだな、いやでも、けど…と負のサイクルに入っていきました。

あ、これ、ダメなやつだ!
あかん!
1人で考えたらあかんやつ!

そう気付いて、かなり勇気を出して休みの日に職場の方に時間をもらい話をすることにしました。
現状ふたりの方と蜜な関わりがあって、話しといってもまあ、それぞれの方とサシでただ飲んでお茶してってだけなんですが。

それでも、普段職場ではじっくり話せない仕事のことや、それぞれの思い、今後自分はどうしていきたいかをお互いに共有できました。
週5日で働くのは難しいこと、その負担がふたりにダイレクトにいくのが見えることへの正直な気持ち、それでも今はここで働きたいこと、できることなら今までと同じようにフラットに意見交換をできる関係でありたいこと。

話し合いだけで何が解決することってあんまりないとわたしは思っています。
話し合った結果行動して初めて結果が出るし、なるべく早く大きな結果を出せることが、特に仕事という場面だと求められがちです。
でも、その行動を起こすために、話し合うってやっぱりすごく大事。
話し合って、お互いのことを共有して、認め合って、そうすると安心する。
うまくいってもいかなくても、この人たちとだったら立ち止まっても良い方向に進んでいけるんじゃないか、というちょっと能天気かもしれない気持ちになる。
そう思える関係性がベースにあると、不思議と仕事のスペックもあがるものです。
現に先週1時間で1〜2件しか書けなかった書類が、今週は2〜3件書けたし。手を抜いていたとかではなくて。安心したから余計なことを考える分のパワーを作業に当てられたんでしょうね。

『安心がベースにあって力を発揮できる』

大人になってから自分がほんとに安心できる場所を得るには、ほんとの部分で話し合うことが必要。ほんとの部分で話すためには、まず自分がどうしたいのか、どう感じているのか、を伝えられるようにならないといけないんだなあ、と思える一件でした。

自分のほんとの部分を他者に伝えるには、

自己分析をし結果を出さねばならぬ、
セルフマネジメントができればならぬ、
完璧な自分の中の答えを出さなければならぬ、

ってことではなくて、

ここまで考えたけどわかんなかった、
こういう事をしてみて結果は出ていないけどもう少し続けてみたいと思っている、
なんか、こう、〇〇って感じなんだよなあ〜

と今の自分のそのまんまを口にできることが必要なんじゃないかな。

自分を殺さないで、だけど相手のことも少しだけ考えて、『わかり合いたいから話してみたい』。
自分ひとりじゃ堂々巡りしちゃうから、あなたの頭を、時間を貸して欲しい。
これはとっても贅沢なわがままであると思う。
それでも、お願いして「いいよ」って言ってくれた相手にまずは甘えてみていいんじゃないだろうか。
話した結果わかりあえなくても、それはやっぱり哀しかったり苦しかったりするけど、腑には落とせる、納得できる。だから、次に進める。

関わる人すべてにする必要なんてない。
それでも、「会社の人にはしない」「プライベートの人にはする」ってカテゴリーで分けちゃうのも勿体ないなって思った。
会社の人でも話したい人には話せばいいし、友だちと呼ばれる関係でも話したくなかったら話さなくてもいい。
話したい人が今のコミュニティにいないなら別のコミュニティで探せばいい。
いろんなところに、いろんな頻度で関わるコミュニティを持ってもいい。
もちろん逆でも。
どっちでもいい。

大切なのは『自分が安心できる場所を、自分が安心できる分だけ確保する』ことなのではないかな。
明確な答えがないからしんどいけど。
それでも、自分の頭を使って、心を使って、身体を使って得た安心は、すごくあったかいものなんだなあって今は思う。

ただ、これ、変動するものなので、これで安泰!とはいかないんだよなあ。
変動しつつも自分の安心を保ちながら、子どもたちには安心できる場所を提供していきたい。
そして、ゆくゆくは自分で居場所を見つけられるようになって欲しいな。

当事者として

こんばんは、さきこです。

最近、日々目まぐるしいのに時間が経つのがゆっくりで小学生的時間感覚で生きている気がしてます。1日は早いのに1週間は遅い、みたいな。

今日からカウンセリングが始まりました。
診断名は神経症、症状は過食嘔吐、になるのかな。
過食症状は高校卒業あたりから始まり、もうかれこれ10年以上の付き合いです。
ちらほらブログで書いたり、知人・友人に話はしていましたが、自分でちゃんと病気なんだなって認められたのはほんとここ数週間のことで。
あ、病気なんだ、そっか、病気なのか、じゃあ治すか、と素直に思えたことに驚いた。
素直に思えたことで、今まで病気だって認めてなかったんだってことに驚いたんですよね。
明らかにおかしいし、自分でどうしようも出来ないのに、何故か「そういうもんだ」って思ってた節があったなあ、と。
そんな風に考え方が変わっていったのは歳月が経ったのもあるけど、ここ1〜2年で関わる人の数や種類が増加したことが大きい気がしている。
多様なコミュニケーションの場って大切。

カウンセリングは毎週決まった時間に先生と小一時間お話をする、というもの。
今までの話を先生の質問に答えながら進めていきます。
うまく言えない気持ちを先生が言葉で補足してくれたり、客観的な見解を示してくれたり。
2年ほど前からお世話になっている方で、都度都度面倒を見てもらっているのである程度信頼関係が築けた状態からのスタート。
どんなことするのかな〜と期待半分、不安半分で行きましたが、初回の感想は「ただただ楽しかった」です。
自分の話を思ったまんま誰かに話す事って結構少なくて。
今は思わないけどちょっと前まで、友達との話でも起承転結がちゃんとあって盛り上がらなければだめ、って思ってたし。そりゃ疲れるわ。

今日は小学校くらいまでの話。
転職期間中にブログでまとめていたこともあり、ある程度自分の中で整理されていたのは大きかった。
一度整理したものを再考しながら話す。その上で他者から質問されて、それにまた答えて、答えている自分の声を聞いて、「そうそう、そう思ったんだ」と再確認して。
自分ひとりで思い出していくよりも、より深く、そして客観的に過去の自分を捉えることが出来ました。

その結果わかったことが、すごく幸せな幼少期であったなあ、ということ。
家族の話が主だったけど、周りの大人たちにたくさん愛されて育った子どもですよ、わたしは。笑

よく、家庭環境が悪いからと言って子どもも悪くなる訳じゃない、という話を聞きます。
これって裏返しも当然あって。
家庭環境が良かったからと言って子どもも良くなる訳じゃない。
環境が子どもの成長に影響を与えるのは事実で、家庭というのは距離が近い分、その影響はより大きくなる。
けど、環境がその子の全てを決めるわけではない。
その子自身の特性、周りの環境、時代、それらが起こるタイミングなど様々な要素が混ざり合って成長してく。

過食症は家庭環境に恵まれなかった人だけがなるわけじゃない。
家庭環境に恵まれていたってなる人もいる。恵まれているはずなのにって余計に自分を責めて悪化していく人もいる。
どんな人でもなる可能性があって、特に「女性は痩せていた方が美しい」とされる現代日本では全ての女性が予備軍と言っても過言ではないと思う。
食べるって三大欲求の一つで、生きることに直結してること。そこがちゃんと機能しないことの苦しさはじわじわと日常を侵食する。

で、何が言いたいかというと、「わたしに振り回されないでね」ということ。
過食嘔吐をすると血糖値が急激に上がり下がりするから情緒の変動が激しくなるし、食べ物が逆流するので身体への負担も大きい。
情緒がどん底の時は考え方がネガティヴに寄るし、自分や身近な人を攻撃してしまったりする。
それをやめたいと思ってカウンセリングを始めた。
でも、まだ始めたばっかりだからうまくいかないこともあるんだ。
だからついていけなくなったら一時避難をして欲しい。少し時間を置くとか、距離を置くとか。
見捨てられたらかなしいけど、まあ、それも仕方ないことなのかもしれない。
…いや、でも、やっぱり寂しいのでがんばるからもう少し見守ってください。

渦中のことだからうまくまとまらないや。
いろいろ書いたけど基本的には元気にやってます(*´-`)