アラサー女子のジブンさがし

アラサー女子の日常雑感日記です。

年の暮れに

今年の10月初旬、実家から今暮らしているお家に引っ越す前の日。バタバタで決まって、準備もちゃんとできているとは言えず、自分の荷物のこと、これから暮らすお家の整理のこと、たのしみとたくさんの不安で、でも頑張らなきゃって糸がぷつんと切れて、急に溢れ出した。わたしは、えーん、えーんと小さな子のように泣いた。
母が困った顔をして、ごめんね、ごめんね、と背中をさすってくれた。


少し落ち着いて、もう寝ようとなったけど、寝付けなくて、両親の寝室に行った。
その日、父は飲み会で遅くて、母は一人だった。わたしを見ると、母は布団の中に迎えてくれて、小さな布団の中でぎゅうっと抱きしめてくれた。


次の日、今のお家で寝不足と泣きすぎでぐちゃぐちゃだったわたしを、旦那さんが抱きしめてくれた。笑顔で、いっぱい泣け泣けーと明るく言ってくれた。


ーーーーーーーーーー


社会に出て一人暮らしを始めると親の有難みがわかる、とよく言うけれどわたしは実感がなかったタイプの人間だ。
むしろひとりで全部を決められて、何をしてもよくて、寂しさもあったけど、楽な部分も多かった気がする。


結婚して、主婦になってわかった。
今までどれだけ親に甘えていたか。
周りの人たちに助けられて生きてきたか。
新しい家庭を築いていく中で、与える側になっていく中で、今までどれだけたくさんのものを貰ってきたのか、痛いくらい。


ーーーーーーーーーー


去年の今頃はニートで彼氏もなかった。
今はやさしい旦那さんと、わんぱくな犬と日々、笑ったり、喧嘩したり、なんやかんやと暮らしている。


怒涛の一年だった。


カンボジアにも行ったし、御蔵島でイルカとも遊んだ。ワークショップを開催したり、ダチョウの卵をみんなでわいわい食べたのも今年だ。
いろんな人に会って、いろんな想い出を共有したはずなのに、はっきりくっきりと覚えているのは僅かだ。


たくさんあったいろいろなこと全部をちゃんと覚えていなければ、ちゃんと糧にしていかなければ、と思っていた時に、先生にもらった言葉がある。


皮膚が憶えているから大丈夫よ


記憶として残らなくても、感覚として肌が憶えている。だから、ふとした瞬間に思い出して嬉しくなるんだ。溢れてくるんだ。


ーーーーーーーーーー


NPOで知り合った、同い年の大好きな女の子がいる。彼女はいつも出会い頭にハグしてくれる。久しぶりだね、最近どうよと、よしよししてくれる。
その感覚がとてもつなく気持ちよくて、あったかくて、だから時々無性に会いたくなる。


とても勉強熱心で、フラットでいようとしていて、でも素直で綺麗な傷付きやすいものを持っているように見える彼女が、それを隠して笑顔でいる彼女が、すごくかわいくて、格好良くて、とても好きだ。


好きだなあって思う人には、みんな触れ合った想い出があるな、そんな事を思う。


ーーーーーーーーーー


平成最後の年が暮れるね。
来年はどんな人に出会うんだろう。
どんな事をして、どんな感情を味わうんだろう。また、ひとつひとつを覚えていられないくらい怒涛の日々なんだろうか。


でも、きっと大丈夫。
ひとつひとつ、丁寧にその時を感じたら、ちゃんと身体は憶えてくれてる。
全部を栄養にして、きっとまた、素敵になれる。わたしも、みんな、誰も彼も。


2018年、お疲れ様でした。
良いお年をお迎えください。

 

f:id:vegetaboo:20181231112150j:image

言葉に出してみたい

過去の自分のブログを振り返ってみた。


気取って書いていたり、変にこねくり回していたり、何重にもオブラートに包んでいるものもあった。


今書いているこの文章も、きっと後から見返したら上滑りな言葉なんだろう。


それでも、今は、全部出したい。
一日中、寝込みながら、ぼんやり。
その中であくみたいに浮かんでくるもの全部出して、コクのあるスープを作るように。


100を超える記事の中で、その時々で感情はブレ、文調も変わり、それでもひとつだけ変わらないものがあった。


一生懸命だった。
いつだって一生懸命に、どうにかしたい、と足掻いていた。


全て読み返すのは恥ずかしいくて、さらさらと読み飛ばすその要所要所で必死さを感じて、愛おしく感じた。


ああ、頑張って生きてきたね。
だから、今があるねって。


今だってしんどい時はある。
なんでかよくわからない疲労感で寝込んでいる今だってそう。


どうしてもっと出来ないんだろう、
どうしてみんなと同じに出来ないんだ、
もっと容量よく、もっと拘らないで、
しんどくなる前にどうして気付けないのか。


成長していない自分に呆れたりする。
だけど今は、しんどいねって認められる分、頑張ったねって自分で言える分、前よりもしんどくない。


いろんな人と出会って、いろんな感情に触れて、たくさんのものと関わることで、わたしはわたしをより強く発見する。


内観は、ひとりではできない。


うれしい、も、たのしい、も、さみしい、も、かなしい、も、はらだたしい、も、全ては何かへの反応で、だからひとりぽっちからは産まれない。


その時々の反応を、ひとつひとつ丁寧に見ていく作業は大変で、実はそんなことしなくたって生きてはいける。


けれど、無視できない。
部屋の隅々まで綺麗にしたいのと似ている。
カーペットを剥いで、掃除機をかけて、水拭きをいつだってしたい、のと似てる。


やめればいいのに、そこは譲れないみたい。


面倒くさくても、怖くても、痛くても。
七転八倒しながらも、馬鹿みたいにまっすぐ、わからないひとつひとつに向き合っていきたい。


時間はかかるし、置いてけぼり感を感じることもある。
近くにいる人には心配かけたり迷惑かけたり、ほんと面倒くさくてごめん。


でも、向き合う。
逃げない。
これは覚悟だ。


いや、どうだろ。
また性懲りもなく逃げるかもしれない。
怖いし。けど、一旦今は。


そうして生きていきたいと、言葉に出してみたい。

 

f:id:vegetaboo:20181218203635j:image

戦っているんだ

ディズニーではしゃいでから体調が崩れた。たのしい、の反動なのかな、歳だなあ、と思っていたけれど、どうもそれだけではない。


動かない身体に抵抗せず、ただひたすらに寝る。寝れなくても横になる。
頭も働かないから、今後の予定も検討できない。ただ、ぼんやりとしている。


そうしながら思うことは、チャンドラのカレーが食べたいなあ、とか、江ノ島の海が見たいなあ、とか、ぺいすのごはんが食べたいなあ、とか、ころりんのおにぎり食べたいなあ、とか。食べ物と、会いたい人のこと。ほっとできる場所のこと。


ああ、そっか。
わたし、今ここで戦ってるんだ。
戦ってたんだ、とはじめて気付いた。


知らない土地に来て、知り合いもいなくて、ほっと息をつける場所もまだなくて。
それでもおうちの整理をして、慣れない主婦業と犬の世話をしながら、バイトも始めて。
一生懸命、ここに根付こうって頑張ってたんだなあ、と健気な自分にほっこりした。


一生懸命走ってきた2ヶ月、ふっと緊張の糸が切れたのかもしれない。


ーーーーーーーーーー


結婚した時、周りには既婚の友達も多くて、子どもがいる人も多かった。
みんな、きっとそれぞれいろんな事があったのだろうけれど、わたしには当たり前に妻になり、当たり前に母になっているように見えた。


旦那さんや義母の文句を言いながら、それでも明るくてパワフルで、変わらない彼女たちにわたしはパワーをもらっていた。


今だから、自分も妻という立場になったから、改めて思う。


お家のことをするって、本当にすごい。
帰る場所を整えるって、本当に大変だ。


それを、文句を言いながらでも、手を抜いてるよと笑いながらでも、毎日やり続けているって本当に本当にすごいことだ。
そういう彼女たちだから、わたしは会いたくなるし、会うと元気になれるんだろう。


わたしも、休み休みだけれど、ちょっとずつ強くなって、守りたいものを守って、支えたい人を支えて、おだやかに笑える人になりたい。


そんなことを思いながら寝込んでいます。


日々、勉強。
日々をちゃんと感じて。
今はゆっくり休もう。

 

f:id:vegetaboo:20181217190600j:image

違ういのちと一緒に生きてく

新居に来て2ヶ月。同時期に来た犬が、今日はいない。
去勢手術の為に一泊二日の入院。
手術は無事に終わったらしい。
バイトから帰ると、当然ながら誰もいない。


犬はあまり吠えない。
だから家にいても姿が見えないと静かだ。
寝ていると尚のこと静かだ。
けれど、いなくなってわかる。
犬がいると、気配がある。
家の中に自分以外の、いのちの気配があるって暖かいんだなあと、体感した。


『僕らは奇跡でできている』というドラマで、主人公がよく「すごいです!」と言っていた。
当たり前のような出来事、ひとつひとつを丁寧に観察して「すごいです」と言う。
いのちってすごいなあ、と思った。


ーーーーーーーーーー


旦那さんの影響で、『ガンダムNT(ナラティブ)』という映画を観た。
ガンダムUCユニコーン)』シリーズの1年後を描いた作品で、『ガンダムUC』は一番有名なガンダムシリーズの続きの話だという。


一回観ただけなので、ぼんやりとしか理解していないけれど、それでもすごい面白かった。


Newtype」と呼ばれる人たち、Newtypeを目指して意図的に作られた「強化人間」、それ以外の「Oldtype」に人類は分けられる。
その上で、「地球連邦軍」「袖付き」「ジオン軍」という異なる組織があって、それぞれの信念や守りたいもののために戦うお話。


それぞれの立場に立つとどっちも正しい。
けれど、ぶつかり合ってしまう。
そのそれぞれの感情をNewtypeは敏感に感じ取って、それぞれがよりよく生きれる為の可能性を模索する。
あいつらが居るからうまくいかない、だから倒せばいい!ではなくて、お互いにきっと分かり合えるはずだよ…!と諦めないのがNewtype
その精神が、すごく好きだなあって思った。


めっちゃ苦しむし、理不尽なことはあるし、物語の大半は苦しんでるんだけど、それでも理想を目指す姿が格好いいなって。
邪魔だから消す、のではなく、どうしたら共存できるか、を探す。
「それでも」と言い続ける。


私もそうありたいな。
しんどいから休み休みだけど。
そう思った。


NTのラストシーンがUC観てるとほんと震えるので、是非予習してから劇場で観て欲しい!

f:id:vegetaboo:20181213211916j:image

http://gundam-nt.net

午前三時のひとりごと

なんだか寝付けない午前三時。


旦那さんは豪快ないびきをたてながら寝ている。

足元には犬のあたたかさ。


さっき、トイレに起きた時、
窓の外にぴかぴかの半月がいた。


冬の気配の澄んだ冷たさは、
しんしんと布団から出ている腕に染みる。


駅前繁華街の裏手に住んでいるから、ついさっきまでほろ酔いのご機嫌な声が聴こえたけれど、この時間はすっかり静かだ。


寝付けなくて、もの思いにふけるわけでもなく、ゲームは数回で飽きて、明日の予定を思い描く。
お天気がよかったら、久しぶりに江ノ島に行きたい。ずっと気になっていたカフェに、今なら行ける気がする。


いや、どうだろうか。


明日の朝起きたら、気分が変わっているかもしれない。時間もかかるし、どうしようか。
そんなことをかれこれ30分くらい考えている。


それだけ、あの場所が気になっているんだなあ、と思う。


以前から気になっていた、その気持ちと今またちょっと違うもの。
前はちょっとカッコつけていたけれど、今はちゃんと素直に行きたいなあって思う。
きっと今なんだろうな。


行くのかな、行かないのかな。
それは起きた時に決まるだろうな。
それは、ちょっと、たのしみだな。
たのしみを持って、そろそろ眠ろうか。


おやすみ、世界。
また明日、あそぼう。

ひとつひとつ、丁寧に、感じる

目標とか目的とか決めることが苦手で


決めることが、というより
決めたことで『そうしなければならない』と
無意識下で自分を縛ってしまうみたい


それが窮屈で、苦しくなる


それでも、
自分で決めたことだし
やりたいことだし
目標がないと達成できないし


今日、ふと前に言われたことを思い出した。


「ただ、風を感じていたいだけなんだよね」


やりたいことは?
どうしたいの?


それを言葉にした時に、貰った言葉


そうだったねって思い出したら
急に肩の力が抜けて
世界がグッと近くなって
クリアになった気がした。


ーーーーーーーーーー


ここ数週間、自営したい気持ちがすごく出てきていました。
やりたいことも見えてきたし、幸いなことに場所もあるし、始めようと思えば自分次第で始められる。


掃除をしたり、いろいろと道具を集めたり。
時間もお金もちょっとずつ投資して、早くここで思い描いていることをやりたい!


けれど、進めていけばいくほど、あれも必要だな…これ、結構時間かかるな…家のことが滞っていくな…天気悪いし気分上がらないな…と。


でもでも!
決めたことだし、気力が足りていないだけだ!と自分を奮い立たせようとしていました。


で、結局疲れちゃう。
身体はもう正直すぎて動かない。
けど、心が追いつかなくて、え?なんで動かないの??と。


以前はそれでも身体に鞭打ってやり続けていたけれど、今はちゃんと自分で立ち止まれるようにはなって、でも、なんだろう…?とモヤモヤな日々でした。


ーーーーーーーーーー


久しぶりに母に会って、他愛のない話をして、相変わらずな母を見てすごくリラックスした。


相変わらず、といっても、未だに母は成長していて、今のコミュニティの中で試行錯誤しながら奮闘している。


うまくいかないことや受け入れがたいこともあるようだけれど、落ち込みすぎず、なんとかやる手段を学んでいるところなのだという。


この歳になって今更だよね、と母は言うけど、その歳になってからもいろいろ考えて対応していこうとしている母はとても素敵に見えた。


以前よりも素直になった私に、多分もともと素直だったけれど私に嫌われることが怖くてあまり自分の気持ちを言ってこなかった母は言う。


「大好きだったから」
「すごく可愛かったんだよ」
「あの時のあのポーズがすごく可愛かった」


少し感極まって、目がウルウルしながら、昼間のオフィス街のドトールで。
モノクロのスーツの中で、緑色のジャケットを着た親子はとても目立ったと思う。
でも、とても嬉しかったなあ。


ーーーーーーーーーー


何のために生きるんだろう、と
哲学的なことをふと考える。
哲学は好きで、その実、買った本の半分も読めない。


何のために生きるのかな


子孫繁栄のため?
使命を果たすため?
何かを残すため?


答えがなくて、
人それぞれで、
どれも正解だと言うんだろう。


でも、別に答えがなくてもいいよね。


たまたま生まれて、
たまたまここまで生きてこれて、
たまたままだまだ生きそうで、
だから、まあ、なんか、


心地よく、
笑顔で、
ご機嫌に、
一瞬一瞬いたいだけ。


それで、
その時一緒にいる誰かも


心地よく、
笑顔で、
ご機嫌に
なってくれたら最高だなあ。


そうだ。
ここが私のベース。


何かを成したいわけじゃない。
何かを残したいわけじゃない。


風を感じていたいみたいに
一瞬一瞬、ちゃんと感じていたいだけ。


そうしていいよって場所を
ちゃんと見つけられた。


間違えない。
ブレない。
外れても戻って。


ひとつひとつ、丁寧に、感じる。

 

f:id:vegetaboo:20181128211600j:image

ほっとした顔を見るのがすき

新生活の傍ら、少しずつ五感セラピーのワークショップをしている。
五輪色相環とマッサージで、セラピーの一部を体験していただく、というもの。


まだ2回しか開催していないけれど、いろいろな方が参加してくださる。
興味津々の方、半信半疑な方。
期待に応えられるのかな、信頼してもらえるのかな。いつも不安に思う。


けれど、私にできるのは参加してくださった方の『いま』に向き合って、共有して、少し背中を押すだけ。
それだけだから、そこには本当に真剣に向き合いたいと思う。
その人の身体や心が出してくれた色や信号のいろんな可能性を見出して、決めつけず、真摯に。


色を介して、その人の心とまっすぐに向きあって向きあって向きあって、そうして徐々に自分の言葉で話し出してくれる瞬間。
話して、放して、少しだけほっとした瞬間。
その笑顔がすきだ。
どの人もみんな、自分の言葉で語る姿は本当に美しい。


ーーーーーーーーーー


自分と向き合うのは簡単なことではない、と思うのは私がそうだったから。
ずっと、自分の苦手な部分、弱い部分に向き合うのは怖かった。
あれやこれやと理由をつけて逃げた。
逃げたら逃げたで帳尻が合わなくて、結果苦しくなった。
その苦しさが怖さを上回った時、やっと向き合おうという気持ちになった。


それでも怖くて怖くて怖くてたまらなかった。


今、以前よりも自分と向き合えるようになったのは、向き合うことを一緒にやってくれた人たちがいたからだ。


ーーーーーーーーーー


人は人を救えないと私は思う。
産まれたての赤ちゃんをすぐに立たせようといくら必死で支えたって、身体が出来ていなければ、そして立ちたい思いがなければ、立つことはできない。
ずっと支えて立てたとしても、それは立たされているだけだし、限界がある。


けど、手を貸すことはできる。
一瞬かも、けど、その場の手掛かりに、足掛かりになることはできる。


筋力が付くまでの支えになれるかもしれない。
立ちたい…!と思った時、きっかけになることはできるかもしれない。


そのツールは人それぞれ、合うものがある。
選択肢もたくさんある。
そのひとつに、なれたらいいな。
なりたいな。


そんな風に思うと同時に、


もっと真摯に、
もっと純粋に、
ありたいな。


そんな風にも思った、満月の夜。

 

f:id:vegetaboo:20181124231732j:image